目の筋肉に注目した

眼球の筋トレじゃないですよ。
頭痛の研究です。
筋トレによって発生する頭痛。
この辺りは、筋トレ仲間もトレーナーも理解できていない人が多い気がする。その割には、トレーニーには深刻な問題で。
何が原因しているのか?
対処はできないのか?

いつまで経ってもあるタイミングで頭痛のトリガーを引っ張って発現してしまう。

医者ではないのでパッと
『原因はこれですね!』
って言えないし。
医者へ行ったら行ったで、良性労作性頭痛と言われて、弛緩薬と鎮痛剤を処方された。

労作性頭痛と言うのも調べてみて。
注意をしているのだけど、どうも違う気がしてならない。

自分の身体は実験場だ。
トレーニング中に注意してみて、トリガーが何か?仮定してみてそれをやらないように、試してみる。

今回は?
上斜筋と上直筋そして総腱輪に注目してみた。
結果から言うと。
多分、これが原因!
今回痛みは全くない。通常なら、痛みで寝込んでるはず。
画像の
・上斜筋「滑車のようになっている」部分の痛み
・上直筋で引っ張られる感じの痛み
・目の奥のズキズキする痛み→総腱輪

デッドリフトやスクワットの時に高重量を持ち上げるとき。苦しいので顎が上がり、目は見開き上を向く。
これをフラットの姿勢で。顔を上げず、目は下方・・・と言っても極端に下ではなくて、目線をやや下。目印を決めてぼんやりと一点を見る感じにした。

トレーニングの時に指定されている正しいフォームから離れるけど、これは仕方ない。

後に発生する痛みがない方が何百万倍も良い!
多少フォームが違っているなんてことは問題ない。怪我しなきゃいいのだ。
ってことで、これもおそらく解決できた気がする。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中