「すり脚」と「ズリ脚」…それとも?

言葉の表現から前者の「すり脚」が良いです。ufc14
ズリ脚はズリズリと、脚を地面から持ち上げずに擦らせて歩く事(造語)

すり脚→「摺り足」と書きます。
「脚」と「足」では、指す部位が違います。

「脚」は股関節から足首までの事
「足」はくるぶしから下の足先までの事

脚力を使うので敢えて「脚」と敢えて書きます。
脚は上半身、下腿も含めて体重を支えて歩いて、しゃがんで、時には走ったりしています。
加齢によって足腰が衰えるってのはいつからの事か?

足の筋力は20才代をピークに年1%ずつ落ち続けます。
これは上半身の3倍のスピードです。
20才台の足の筋力を100%とした場合、40代才台で70%前後、60才台で52%まで下落するとのことです。

足腰健康屋 足の衰えと健康リスク→ 足腰健康屋 脚の衰えと健康リスク

事実は事実として受け入れておきましょう。
しかし、筋トレをしている方々は私を含めて違います。
死ぬまで筋肉は付きますので、1%減少するならそれを凌駕するようにトレーニングすれば良い。

病気でもないのであればきっちりと足(脚)を上げて床に擦りつけないように歩けばいい。
摺り足は武道で使われている基本中の基本な動きです。
それなりに脚力がないとこの足の運びはできないですが、できてしまえば歩行も楽になります。

因みに私は摺り脚ではなくて、「踏み脚」を使っています。
不整地用の歩法です。
これも造語なのかもしれない。
摺り足では、畳の上などの整備された場所での足の運び方。
摺り足は不整地ではつまずく可能性があるので適さない。
したがって上から踏んで足場を確認しながら行なう歩法です。
摺足より更に脚力を必要としますが、覚えてしまうと更に安全で楽な歩法です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中