ストレッチの禁止項目

stretching3pic2よく反動をつけてストレッチ(バリスティックストレッチ)は行なってはいけないと言います。
これは何故か?
トレーナーさんで正確に回答できない人が多いみたいです。
答えられない人は、
「ケガをするから」
って答えるんだって。

では何故か?
筋肉の中には固有受容器の一つとして「筋紡錘」が存在しています。
筋紡錘はセンサーとしての働きを持っていて、
筋肉の伸張速度が急激に上がる→ 「危険だ!」と判断→ 縮む
(伸張反射)が発生します。

一連の流れによる性質があります。
ストレッチとは本来、弛緩させて上げるはずの動きであるのに「縮む」→緊張して硬くなってしまう。
それこそ、それ以上伸ばせば切れ兼ねない。

結果、ケガをするから。
と言う事です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中