競技スポーツから発見→派生

800x800-512000 (1)過日、トレーナーさんと杖術の話しになりました。動きを含めて。
護身の手段で「利用できるものは利用する」と習いまして、傘などの棒状のものや杖も使える話しとなりました。

攻防での「防」をメインに話し、身体を動かしてみて。

ふと…気づいた。
「ん?…あれ?初めてと言う割には動きに無駄が無くてスムーズだな」

で。
過去に経験していたスポーツを聞いてみた。
ラクロスをやっていた。

なるほど。
両手で構える姿勢と棒を振る時の中心軸
がブレないのはこの経験によるものか‼
…持ち手が逆なのだが、それは自分自身に馴染みがある方で全く問題ない。

何より、経験を活かせるであろう得意な分野となり得る動きを見つける事が出来たのは

「素晴らしい発見!」

身体に記憶された技術に枝や葉を付けていける術になる。

ご本人も棒を扱っていて、急に何かが感じられて驚いていた。
私は杖術は専門ではないので…利用できる。程度しか分からない。
なので、本人が望むならば、その先に道があるだろうなあ。

私にも同じような体験がある。
私の場合は、それがラグビーだった。
走りながらのタックルなので、格闘のタックルとは勝手が違うのだが。
タックルはタックル…やる事は同じ。
少しずつアレンジをしています。

しかし、晴れた日に傘は持たないからどうしたもんか…σ^_^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中