救急救命講習

10492273_10204295741691173_6344026652438256529_n

ここ数年のトレーニングや護身術において起点となったこと。
それは・・・

「命の尊さ」
「自分の命をどう守り、どう役立てられるのか」
を私が実感し、それを大切にしていきたいと思ったからです。

「冒頭から何を言ってんだこいつは?」
って思わないでくださいね。

決定的な事象は2011年3月11日に発生した未曾有の大地震をきっかけです。
自分自身の命を守ることだけではなく自分の周囲の命も何らかの形でフォローしていきたいと思うようになりました。

上級救命講習・・・
資格自体は難易のあるものではありません。

応急手当と救命処置と救命の連鎖と市民の役割。

転んでケガした時に、消毒して絆創膏を貼る。
風邪を引いた時に市販薬を飲む。
こういった医療行為は普通の生活の中で行われます。

突然隣に立っていた人が倒れた。
バイクに乗っていたときに対向車線で急にバイクが転んだ。←これは実際にありました。
自分の周りでこんなことが起きたら、たぶん私はパニックになってしまうと思います。
冷静に正しく自体に即応できるように。
応急手当と救命措置。
一時救命という事。メインで行われるのはAED(自動体外式除細動器)の取り扱いを、成人、児童、小児に対して訓練を行いました。

時間は9時から17時までお昼に休憩を1時間挟みます。
難しい作業や試験などはほとんどなく、参加者は老若男女入り乱れての講習でした。
どうしても取らなきゃならない義務で受講させられている人もいるようでしたが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中