40歳代からの護身トレ(25回目)

1

「今ある情報ソースは信頼できるのか…」
テレビのニュース、政府からの情報。
私が猜疑の目で見るようになったのは3.11以降の事で、たまたま、今でもYoutubeで検索すれば出てくるかもしれないです。
テレビを見ていたら…原発事故のライブ中継。
多分スポンサーから放送の規制がかかったんじゃないかなぁ。
いきなり画面がブラックアウトした。
キャスターは
「お見苦しいところがありましてまことに申し訳ございません」
と言っていた。
「?」
私が思うのだから、番組を見ていた人たちは皆
「あれ?」と思ったのではないだろうか。
自分たちにとって不適切な情報を流したくないということで報道を規制する事は会社の標準作業です。
それ以外でも、テレビなどの情報操作ならばネットで検索すると結構見つかります。
放送したくない何かがあるのでしょうね。

残念ながら…日本は情報に開かれた国ではありません。

これは海外から日本を見るとさらに顕著です。
海外でも国営放送としてNHKは、日本の報道番組としての立場で放映されています。ホテルなどでこれを見ていると、日本のニュースや新聞と内容がかなり違いを感じます。

色々な対外的な力を受けて、ある一部の者の都合による情報を自分たちが知らされている。
そこで冒頭の
「今ある情報ソースは信頼できるのか…」

残念ながら信頼などできない。
信頼できないものをどのように咀嚼していくか?
身の回りにアンテナを張り、仕入れた情報は鵜呑みにしないでいくつかの自分なりの解釈を考え続けることが大切となります。

日本人は、気持ちの優しい民族。
であるところから、それを悪用されて飼い慣らされ大人しくなってしまっています。
私も同じですが。
私よりももっと前の世代から脈々とつながっている鎖なのでそう簡単に断ち切ると言う事は難しいのかもしれません。
3.11以降、多くの人が様々な情報の嘘に気が付きました。
気が付いた人たちも、それ以上の事はどのように行動したら良いのかを判断できずにいます。
こういったこともしっかり理解し判断できる武器を身につけるのも護身術のトレーニングの一環と考えています。

今日はちょっと理屈っぽいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中