40歳代からの護身トレ(20回目)

本格的に始めてから4か月経った。shirat

自分としての当初、
「求めていたモノ」
は、身体的(フィジカル面)や技術的(テクニカル面)の強化と言う意味合いが強かったのだが。

何の何の!
蓋を開けてみるとその奥深さに驚かされながら。
技術的戦術な事…
それは一部であることに気付かされている。

もちろん!
大切な学ぶべきことであるのは当然。
しかし、それだけではない。
例えば、それは立居振舞に繋がるものであったり。
先を読む危険予測が必要だったり。
そう言ったことを総じて含む技術が護身術なんだと。

自分の半径〇〇m。
その範囲内で何に対して注意をするか?
人であるだけでなく、車や物体ってこともある。
接近してくることに対して、避けるのか否か?
避けられるものをわざわざ受けに行くのは…微妙な対応だと思う。
避けられない場合に、どう対処するか?

日頃からの備えがあっても緊急事態は、
突然、発生し巻き込まれたりする。

その時に自分はどう反応してどのように行動できるのか?
自分を活かすために正しいか?
「落ち着いて行動しろ!」
と言われて、果たして自分はできるのか?
まあ…無理だと思う。

韓国の珍島で発生した沈没事故。
過積載や危険な改造。
操舵している人が未熟で。
船長が不在。
関係者の行動が意味不明な状況で。
行方不明と死者を合わせて300人。
海上警察や軍が救出に当たっているが遅々として捗らない。
…穿った見方をしてしまうと。
助からない事を前提にメディアに対するポージングにまで思えてしまう。

自分の生死に関わる場合の判断を他人に委ねてはならない。
他人が行動しているから、安全とは限らない。
経験と知識を総動員して対処しなければならない。
対処はできないかも知れないが日頃からの準備は怠ってはならない。
と言うことに少し心持を切り替えて練習に臨んでいる最近です。

ちょっと長くなりました。
早く風邪が治らないかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中