40歳代から護身術18回目

CQC20140126

秘匿性を保護するため、練習風景などは撮影ができないし、「どんな事をしているか?」と言うのは細かく書くことができない。
ここで記載することはあくまでも自分の練習のための反復練習のための備忘録です。

早くも18回目となりました。
ここのところ日々の雑多な事に追われて更新作業ができてないです。
少しだけ趣旨を変えて投稿します。

護身術…所謂ところの格闘は。
昔からやりたいことの一つではあったのだが。
どうも機会に恵まれなかった。
空手や総合格闘などの格闘の経験は全くないのですが。

一つ、
このトレーニングは没頭できる事として継続している。
身を守るという定義が
攻撃を受けた時の対処と言うことだけではなく。
そう言った状況を制するということも一つの手段。
敢えて渦中に飛び込むようなことはないのだが、避けることができない事態において冷静に身体に覚えさせたことで対応させていく。
その身体に染みついた記憶が行動として瞬時に発揮できるか。

技のバリエーションは山ほどあって。
更に迎える状況も山ほど。
自分の得意な事をどのように活かして伸ばしていくかがテーマとなってきた。

40代から始めたことではあるがどこまで伸ばせるか。
自分の修練でその先を見たい自分がいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中